外壁塗装

外壁の主な症状

【チョーキング】
外壁塗装を手で触ってみたときにその塗料の粉、もしくは白いものが手につく現象

【ひび割れ】
ひび割れた部分から雨水が進入してしまうので、外壁の内部から侵食されてしまう

【はがれ】
長期間紫外線や日光、雨や風を受け続けることによって塗膜の密着部分が剥がれてしまい、めくれてしまっている状態

【汚れ】
外壁塗装の機能が弱くなっていて、汚れが付着してしまう = 塗り替えのサイン
外壁塗装

外壁塗装の役割

外壁塗装は太陽光線や雨風・気温や湿度の変化等の自然現象から家屋を保護する大事な役割があります。また、建物の外観を美しく保つ役割もあります。外壁塗装のおかげで、外部からの汚れや防水効果を持続させ、建物の外壁への損傷を少しでも軽減し、家屋の老朽化を遅らせる役割を果たしています。

外壁塗装の必要性

ほとんどの建物の外壁材には前もって塗料が施されており、どの塗料であっても効力を発揮しておける耐用年数があるため、時期が来れば外壁を守る効果がなくなるので、外部にむき出しになっている外壁材が雨風などの影響を直接受ける事で、建物の老朽化を早めます。そのため、外壁塗装は必要になってきます。

外壁塗装のタイミング

外壁塗装は適切なタイミングでメンテナンスを行うことが大切です。通常10年程度が目安といわれていますが、住宅の周囲の環境や塗装の質によって時期が前後します。表面の劣化と侮っていると、建物内部に深刻なダメージを及ぼしかねませんので、日頃からのチェックが重要です。

外壁塗装のセルフチェック

1.目視で確認
新築当時の外壁は塗料の膜に覆われて光沢があります。しかし、紫外線を強く浴び続けることで塗膜が劣化し、次第にツヤを失くしていきます。

2.剥がれや膨らみ
3.カビやコケにも注意が必要
4.触って確認
手で外壁を触ると、白い粉が指についてしまうこと、これがチョーキング現象です。

5.室内への雨漏り

普段から家をチェックする習慣をつけ、異常を見つけた場合や何か気になることがある場合はすぐにお電話ください。

外壁塗装の塗り直し・リフォームの目安

窯業系サイディング・金属系サイディングのメンテナンス

補修内容
サイディング継ぎ目のコーキングの補修
補修時期
5~7年に一度。割れや隙が確認出来たらやりかえ時期の目安です。シーリングの種類によっては、10年以上の耐久性があるものもありますが施工の方法次第ですのでご自身で定期的にチェックをしてください。
アクリル樹脂
6~10年
ポリウレタン樹脂
8~15年
シリコン樹脂
12~14年
フッ素樹脂
15~25年

ALCのメンテナンス

補修内容
ALC継ぎ目のコーキングの補修
補修時期
5~7年に一度。割れや隙が確認出来たらやりかえ時期の目安です。シーリングの種類によっては、10年以上の耐久性があるものもありますが施工の方法次第ですのでご自身で定期的にチェックをしてください。
アクリル樹脂
6~10年
ポリウレタン樹脂
8~15年
シリコン樹脂
12~14年
フッ素樹脂
15~25年

セメントモルタル塗りのメンテナンス

補修内容
モルタル塗の塗装塗り直し
アクリル樹脂
6~10年
ポリウレタン樹脂
8~15年
シリコン樹脂
12~14年
フッ素樹脂
15~25年

施工イメージ

■Before
■After
■Before
■After
2色仕上げ・3色仕上げ等、アクセント色を増やした上品な仕上がりを演出できます。